最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク


いえに火災(かさい)警報器(けいほうき)をつけることが義務化(ぎむか)

いえの 火事(かじ) 死亡(しぼう)する ひとが ふえて います。

このため 消防法(しょうぼうほう)火事(かじ) ふせぐための ほうりつ)と 船橋市(ふなばしし) 条例(じょうれい)(ほうりつ)で、「すべての いえ(マンション・アパ−トを ふくむ)の ねる へや・台所(だいどころ)・かいだん などに 火事(かじ)のとき こえや おとなどで しらせる 火災(かさい)警報機(けいほうき) 2008ねん6がつ までに かならず つけなさい」と いうことに なりました。

なお あたらしく たてられる 住宅(じゅうたく)には すでに 2007ねん6がつから 火災(かさい)警報機(けいほうき) 取付(とりつ)けが 義務化(ぎむか) されています。

いえ・マンション・アパ−トを かりている ひとは まず 管理人(かんりにん)や ()(ぬし) おねがいして みましょう。

天井(てんじょう) かべに かんたんに とりつけられ、 電池(でんち)で 10

ねん くらい うごく 火災(かさい)警報機(けいほうき) 法令(ほうれい)による 基準(きじゅん) あっている ことを しめす 日本(にほん)消防(しょうぼう)検定(けんてい)協会(きょうかい)の「NSマ−ク」が ついた ものが よいです)が ホ−ムセンタ−や、 電気(でんき)製品(せいひん) みせ などで4,0006,000えんで ()えます。 

自分(じぶん) 家族(かぞく) だいじな いのちを まもるため すすんで つけるように しましょう。