最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク

 

(からだ)を 洗う(あら) 習慣(しゅうかん)は 6世紀(せいき) (西暦(せいれき) 500年代(ねんだい))に 仏教(ぶっきょう)と 一緒(いっしょ)に 日本(にほん)へ 伝わりました(つた)

その() お寺(てら)が 浴室(よくしつ)を 用意(ようい)して 入浴(にゅうよく)が 広まりました(ひろ)。 

この習慣(しゅうかん)は 長い(なが)(あいだ) 庶民(しょみん)が 楽しみました(たの)。 

江戸(えど)時代(じだい)の 17世紀(せいき) はじめ (1615年(ねん)(ころ))になると 料金(りょうきん)を 払って(はら) 入る(はい) 「銭湯(せんとう)」が できました。 

ここでは お風呂(ふろ)の (ほか)に お茶(ちゃ)や 将棋(しょうぎ)などの 遊び(あそ)も 楽しみました(たの)。 

男女(だんじょ)混浴(こんよく)の 風呂(ふろ)も ありましたが これは 明治(めいじ)23年(ねん)(1890)に 禁止(きんし)になりました。 

銭湯(せんとう)には 大きな(おお) 浴槽(よくそう)と 広い(ひろ) (あら)()が あります。 

浴槽(よくそう)湯船(ゆぶね))の(なか)では 絶対(ぜったい)に タオルを 入れたり() (からだ)を 

 

洗ったり(あら) しては いけません。 

この使(つか)(かた)は 日本中(にほんじゅう)にある 温泉(おんせん)でも 同じ(おな)です。 

現在(げんざい)の 銭湯(せんとう)の 入浴(にゅうよく)料金(りょうきん)は 千葉県(ちばけん)では (ひと)()20(えん)です。 

最近(さいきん)では 風呂(ふろ)と 一緒(いっしょ)に マッサージ、スチーム(よく)、レストランなどを 備えた(そな) 「スーパー銭湯(せんとう)」と()ばれる (べつ)料金(りょうきん)の (おお)きな 浴場(よくじょう)が 沢山(たくさん)あります。 

日本人(にほんじん)は 風呂(ふろ)が (だい)()きな 国民(こくみん)です