最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク

 

〜「おやゆび(ひめ)」の世界(せかい)を 体験(たいけん)しましょう〜


 

H.C.アンデルセンは いまでも 世界中(せかいじゅう)(あい)されている 童話(どうわ) 作家(さっか)です。

 

アンデルセンのふるさと デンマークの オーデンセ()船橋市(ふなばしし)姉妹(しまい)都市(とし)です。

 

デンマークで 設計(せっけい) 製作(せいさく)された アンデルセンスタジオ キットが、アンデルセンが ()まれて 200(ねん) 記念(きねん)に (ふな)橋市(ばしし)の アンデルセン公園(こうえん) ()ども美術館(びじゅつかん)の なかへ (はこ)ばれ ()()てられました。そして4(がつ)19(にち) デンマークの メアリー・エリザベス皇太子(こうたいし)() 出席(しゅっせき)されて、盛大(せいだい)な オープニング セレモニーが おこなわれました。

これまでは スタジオは オーデンセ()の 「()ども文化(ぶんか)センター」だけに ありましたが、いまは 船橋市(ふなばしし)のスタジオで ()どもたちが 衣装(いしょう) ()て、化粧(けしょう)し、童話(どうわ) 「おやゆび(ひめ)」の 主人公(しゅじんこう)になる 経験(けいけん)が できます。

それはそのスタジオが はるばる はじめて オ―デンセから 船橋市(ふなばしし)に やってきたからです。 

()()の みなさん、ぜひ ()かけて (たの)しみませんか?

()

土曜日(どようび)日曜日(にちようび)、 祝日(しゅくじつ)、 

夏休(なつやす)期間中(きかんちゅう)は 毎日(まいにち)

(休園(きゅうえん)の ()を のぞく)
 

時間(じかん)

@ 10:0011:30 

A 12:3014:00 

B 15:0016:30
 

場所(ばしょ): 

アンデルセン公園(こうえん) ()ども美術館(びじゅつかん) 地下(ちか)1(かい)
 

利用(りよう)できる(ひと): 

5(さい)中学生(ちゅうがくせい)
 

定員(ていいん): 

各回(かくかい) 10(にん)
 

費用(ひよう): 

300(えん) 

(保護者(ほごしゃ)は 無料(むりょう)) 

(べつ)に アンデルセン公園(こうえん)の 入場料(にゅうじょうりょう)が 必要(ひつよう)です。
 

()いあわせ(さき): アンデルセン公園(こうえん) ()ども美術館(びじゅつかん)047-457-6661