最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク


日本(にほん) 地震(じしん)の おおいくに です。たまに おおきな 地震(じしん)が あって、災害(さいがい)が おこることもあります。船橋市(ふなばしし)では 災害(さいがい)のための (みず)()(もの)、くすりなどの じゅんび、 防災無線(ぼうさいむせん)整備(せいび)などいろいろ 対策(たいさく)を とっていますが、みなさんも 地震(じしん)(とき)の ためにつぎのような ことに ちゅうい しましょう。

  1. 地震(じしん)が おきたら、まず 安全(あんぜん)を かくほしましょう。

    1. じょうぶな (つくえ) やテ−ブルの したに はいりましょう。

    2. クッションや まくら などで (あたま)を まもりましょう。

    3. そとへでられるよう、ドアを あけましょう。

    4. しかし、あわててそとへ とびだすと、おちてきた ガラス などで、けがをする こともあります。おおきな ゆれが おさまって、まわりを よく たしかめてから、そとへ でましょう。

  2. 火事(かじ) ならないように、きをつけましょう。

    1. ガスレンジや、スト−ブ などの ()を けしましょう。

    2. ガス器具(きぐ)元栓(もとせん)を しめ、電源(でんげん)プラグをぬきましょう。

    3. 避難(ひなん)する ときは、でんきの ブレ−カ−を きりましょう。

  3. ()が でたら

    1. 消火器(しょうかき) や バケツを つかって、おおききな 火事(かじ)に ならないうちにけしましょう。

    2. おおきな (こえ)近所(きんじょ)(ひと)協力(きょうりょく)を たのみましょう。

    3.  119 ばんに でんわ しましょう。

  4. 避難(ひなん) について

    1. 海岸(かいがん)では 「つなみ」が おきることも あります。たかい ところに 避難(ひなん) しましょう。

    2. (やま) や きゅうな 斜面(しゃめん)の そばもくずれることがあり、やはり あぶないです。

    3. (くるま)を つかわず、あるいて 避難(ひなん) しましょう。

    4. 荷物(にもつ)は ほんとうに 必要(ひつよう)な ものだけを、背負(せお)う ようにしましょう。

    5. せまいみちでは、(かわら)が おちてきたり、(へい)が たおれたりすることも あるので あぶないです。

    6. きれた 電線(でんせん)に ちゅういしましょう。

    7. (かわ)の そばも くずれる ことが あるので、ちかかくに いかないように しましょう。

  5. ふだんの 注意(ちゅうい)

    1. 町会(ちょうかい)、がっこう、かいしゃ の 訓練(くんれん)に さんかしましょう。

    2. (いえ)の なかで どこが いちばん 安全(あんぜん)か、避難(ひなん)するときは どこへ いくか(がっこう やおおきな 公園(こうえん) など)、なにを ()()すか、連絡(れんらく)は どうするか、などふだん から かぞくと きめて おきましょう。

    3. 家具(かぐ) ()(がね) などで 固定(こてい)し、たおれないようにしておきましょう。また ()る へやにはたおれやすい 家具(かぐ)を おかないようにしましょう。

    4. 消火器(しょうかき) 準備(じゅんび)し、おふろには (みず)を いれておき、火事(かじ)の とき ()()せるようにして おきましょう。

    5. 地震(じしん)火事(かじ)の ときもちだす ものを、準備(じゅんび)しておきましょう。

[((ざい)消防(しょうぼう)科学(かがく)総合(そうごう)センタ−「地震(じしん)自信(じしん)を」より]