()どもが犯罪(はんざい)交通(こうつう)事故(じこ)誘拐(ゆうかい)痴漢(ちかん) あうことが おおいです。()どもは 成長(せいちょう)するに したがって 行動(こうどう)範囲(はんい)ひろがります。それにつれて 危険(きけん)まします。()どもの 安全(あんぜん)を まもるために つぎのことを 実行(じっこう)しましょう。

  1. ()らない(ひと)には ついていかない。やさしい ことばでさそわれても、ついていっては いけません。()らない (ひと)(くるま)には ()っては いけません。
     

  2. ()きさきと (かえ)時間(じかん)いって でかけるように させましょう。したしい ともだちの 住所(じゅうしょ)電話(でんわ)番号(ばんごう)、よく (あそ)びにゆく 場所(ばしょ)()どもから きいておき、(おや)どうしの 連絡(れんらく)とりあいましょう。          
     

  3. つれて いかれそうに なったら 大声(おおごえ) さけびましょう。いざというときに、「たすけて!」と (こえ)でるようふだんから (こえ)だす 練習(れんしゅう)しておきましょう。()どもが (あぶ)ないめに あったとき、()けこんだり、(こえ)かけたり できる「()ども 110(ばん)(いえ)」、「緊急(きんきゅう)通報(つうほう)装置(そうち)」や「公衆(こうしゅう)電話(でんわ)」の 場所(ばしょ)あらかじめ確認(かくにん)して おきましょう。