船橋市(ふなばしし)
―21世紀(せいき)飛躍(ひやく)(とし)
  

 

 

船橋市(ふなばしし)予算(よさん)は、3(がつ)26(にち)市議会(しぎかい)定例会(ていれいかい)下記(かき)(とお)可決(かけつ)され、4(がつ)1日(ついたち)から 実施(じっし)されています。 

記号

(いっ)(ぱん)(かい)(けい)

記号

(とく)(べつ)(かい)(けい)

記号

()(ぎょう)(かい)(けい) 

全会計(ぜんかいけい)

1397(おく)7000(まん)(えん)

1224(おく)1320(まん)(えん)

 152(おく)6700(まん)(えん)

2774(おく)5020万円(まんえん)

(ぜん)(ねん)()()0.2%(ぞう)

(ぜん)(ねん)()()4.4%(げん)

((ぜん)(ねん)()()7.5%(げん))

今年度(こんねんど)は、当市(とうし)として (おお)きな 転機(てんき)となる 中核(ちゅうかく)() 船橋(ふなばし)誕生(たんじょう)(とし)でもあり、「()()きとした ふれあいの都市(とし)・ふなばし」の 実現(じつげん)のため、緊縮(きんしゅく)財政下(ざいせいか)ながら 必要(ひつよう)諸施策(しょしさく)継続(けいぞく)して 実施(じっし)する 方針(ほうしん)とのことです。

概略(がいりゃく)ながら 予算(よさん)実施(じっし)歳出面(さいしゅつめん)から ()ますと、

記号

高齢者(こうれいしゃ)福祉(ふくし)保育所(ほいくじょ)充実(じゅうじつ)などの 民生費(みんせいひ)403.8億円(おくえん)前年度比(ぜんねんどひ)13.4%(ぞう));

記号

道路(どうろ)河川(かせん)整備(せいび)などに 必要(ひつよう)土木費(どぼくひ)226.6億円(おくえん)(20.3%(げん));

記号

健康(けんこう)診断(しんだん)、ごみ処理(しょり)などの 衛生費(えいせいひ)181.9億円(おくえん)(4.8%(ぞう));

記号

小中学校(しょうちゅうがっこう)公民館(こうみんかん)体育(たいいく)施設(しせつ)維持(いじ)管理(かんり)などの 教育費(きょういくひ)180.4億円(おくえん)(2%(ぞう));

記号

防災(ぼうさい)町会(ちょうかい)自治会(じちかい)補助(ほじょ)などの  総務費(そうむひ) 160.4億円(おくえん)(4.8%(ぞう));

記号

市債(しさい)返済(へんさい)(きん)などの 公債費(こうさいひ)124.29億円(おくえん)(1.7%(げん));

記号

消防費(しょうぼうひ)(しょう)工費(こうひ)など116.357億円(おくえん)

と なっています。

一方(いっぽう) 歳入面(さいにゅうめん)では、市民税(しみんぜい)固定(こてい)資産税(しさんぜい)都市(とし)計画税(けいかくぜい)などの 租税(そぜい)収入(しゅうにゅう) 877.9億円(おくえん)(3.9%(げん))に 減少(げんしょう)して、(きび)しい 見通(みとお)しです。反面(はんめん)義務的(ぎむてき)経費(けいひ)増大(ぞうだい)予想(よそう)されます。

平成(へいせい)15年度(ねんど)()としては 市民(しみん)生活(せいかつ)不可欠(ふかけつ)事業(じぎょう)幅広(はばひろ)合理的(ごうりてき)展開(てんかい)しながら、今後(こんご) 必要(ひつよう)となる公共(こうきょう)施設(しせつ)維持(いじ)管理費(かんりひ)人件費(じんけんひ)行政(ぎょうせい)コストを (ふく)めた 既存(きぞん)事務(じむ)事業(じぎょう)徹底的(てっていてき)見直(みなお)しを (おこな)組織(そしき)新設(しんせつ)し、簡素(かんそ)効率的(こうりつてき)市政(しせい)運営(うんえい)全力(ぜんりょく)を つくす 方針(ほうしん)とのことです。

特別(とくべつ)会計(かいけい)には

記号

国民(こくみん)健康(けんこう)保険(ほけん)374.2億円(おくえん)(9.1%(ぞう))、

記号

下水道(げすいどう)245.7億円(おくえん)(6.3%(げん))、

記号

老人(ろうじん)保険(ほけん)医療(いりょう)284.2億円(おくえん)(3.5%(げん))、

記号

介護(かいご)保険(ほけん)152.7億円(おくえん)(10.5%(ぞう)

などの 費目(ひもく)が あります。

中央(ちゅうおう)卸売市場(おろしうりしじょう)15.9億円(おくえん)病院(びょういん)135.7億円(おくえん)は、独立(どくりつ)採算制(さいさんせい)企業(きぎょう)会計(かいけい)と なっています。