太陽(たいよう)季節(きせつ)が やってきます。 (なつ)は 1(ねん)(なか)一番(いちばん) (おお)食中毒(しょくちゅうどく)発生(はっせい)する 季節(きせつ)です。また、家庭(かてい)食事(しょくじ)原因(げんいん)となる 食中毒(しょくちゅうどく)は、年間(ねんかん)を (とお)して (おお)く ()られます。予防(よぼう)方法(ほうほう)の アドバイスを (もう)しあげます。

1)()(もの)を したら、すぐに 冷蔵庫(れいぞうこ)へ!

(とく)魚介類(ぎょかいるい)場合(ばあい)は、「腸炎(ちょうえん)ビブリオ」という 食中毒菌(しょくちゅうどくきん)付着(ふちゃく)していることがあり、4℃以下(いか)なら その(きん)も ほとんど 増殖(ぞうしょく)しなくなるので、低温(ていおん)(0〜3℃ぐらい)で 管理(かんり)すれば、鮮度(せんど)(たも)てるだけでなく、食中毒(しょくちゅうどく)予防(よぼう)にもなります。()(もの)を したときは、(いえ)()いたら、すぐに 食品(しょくひん)冷蔵庫(れいぞうこ)()れてください。

2)冷蔵庫(れいぞうこ)の お掃除(そうじ)を!

台所(だいどころ)で、意外(いがい)(よご)れているのが 冷蔵庫(れいぞうこ)です。(うす)めた 洗剤(せんざい)(ひた)した ふきんで (よご)れを ふき()り、その()(みず)ぶきして 洗剤(せんざい)を ふき()ります。(あと)は からぶきです。さらに、消毒用(しょうどくよう)アルコールを 噴霧(ふんむ)すれば、食中毒(しょくちゅうどく)予防(よぼう)に、より 効果的(こうかてき)です。

3)せっけんで ()(あら)いましょう!

(みず)(あら)うだけでは (よご)れは ()ちません。

4)食材(しょくざい)中心部(ちゅうしんぶ)まで ()(とお)しましょう!

加熱(かねつ)不足(ぶそく)原因(げんいん)()こる 食中毒(しょくちゅうどく)(おお)いので、(にく)は もちろん、魚介類(ぎょかいるい)冷凍(れいとう)食品(しょくひん)でも 加熱(かねつ)調理(ちょうり)を した(あと)は、中心部(ちゅうしんぶ)まで ()(とお)っているか (かなら)確認(かくにん)必要(ひつよう)です。

5)食材(しょくざい)によって、まな(いた)使(つか)()け しましょう!

まな(いた)から 2()汚染(おせん)を ()こさないように するため、(にく)(さかな)などの (なま)ものを ()る まな(いた)野菜(やさい)()ることは さけましょう。(ちい)さい まな(いた)が 一(まい)(いま)あるまな(いた)の ほかに あると 便利(べんり)です。