1月(いちがつ)下旬(げじゅん)より 2月(にがつ)下旬(げじゅん)まで、おおくの 公園(こうえん)や あちこちの (いえ)(にわ)で きれいな (うめ)(はな)が さいているのが ()えるでしょう。

(うめ)は はなやかな (さくら)より 有名(ゆうめい)では ありませんが、(さくら)花見(はなみ)と おなじように、(はな)の すくない(ふゆ)梅見(うめみ)(たの)しむことが できます。

1300(ねん)まえの 奈良(なら)時代(じだい)貴族(きぞく)たちには、(はな)代表(だいひょう)する (うめ)花見(はなみ)は、たいせつな 行事(ぎょうじ)でした。

そのあと 梅見(うめみ)(さくら)花見(はなみ)()わっていき、貴族(きぞく)たちは 和歌(わか)(うめ)よりも (さくら)()むことが おおくなりました。

しかし いまでも、おおくの(ひと)梅見(うめみ)に でかけます。

梅見(うめみ)季節(きせつ)が ちかづくと JRや 私鉄(してつ)(えき)(うめ)(まつ)りの ポスターを ()るでしょう。

ぜひ いちど ()かけて梅見(うめみ)(たの)しみませんか。