(ねん)に 一度(いちど) 、死者(ししゃ)が 親(した)しい者(もの)の もとに 帰(かえ)ってくる お盆(ぼん)ほど、日本人(にほんじん)にとって 大切(たいせつ)な 宗教的(しゅうきょうてき)行事(ぎょうじ)は ありませんでした。

地方(ちほう)にも よりますが、盆踊りは 暑い(あつい)7月(がつ)か 8月(がつ)に行(おこな)われます。それは 祖先(そせん)の 霊(れい)を 供養(くよう)する 行事(ぎょうじ)の ひとつで、先祖(せんぞ) から うけつがれた 伝統的(でんとうてき)な 盆(ぼん)おどりは 日本(にほん)の 各地(かくち)に 残(のこ)っています。

船橋市(ふなばしし)の場合(ばあい)は、「船橋音頭(ふなばし おんど)」などのように、ほとんど 伝統(でんとう)とは ちがった 新(あた)しい形(かたち)の 盆踊(ぼんおど)りに かわり、娯楽(ごらく)と なっています。しかし、夕暮(ゆうぐ)れのあと、 ちかくの 神社(じんじゃ)や お寺(てら)、学校(がっこう)のグラウンドで 行(おこ)われる 盆踊(ぼんおど)りの あつまりを見物(けんぶつ)し、参加(さんか)するのも 楽(たの)しい 経験(けいけん)になるでしょう。