袋煮
(ふくろに) − あぶらげの つめもの −

これは とうふ料理(りょうり) 一種(いっしゅ)で、あぶらげで (つく)った ふくろの中(なか) いろいろな ものを つめて 煮(に)た料理(りょうり)です。 

  • 材料(ざいりょう):4人(にん)(ぶん)

    1. あぶらげ 4枚(まい)、にんじん、ごぼう それぞれ 30g、生(なま)しいたけ 2枚(まい)、しらたき 100g、とりひき肉(にく) 100g、かんぴょう 1.5m

       

    2. 煮汁(にじる)用(よう)

      1. (しお) こさじ 1/2ぱい、しょうゆ、さけ それぞれ おおさじ 1ぱい、水(みず) おおさじ 2はい

      2. だしのもと こさじ 3ばい、水(みず) 500ml、さとう おおさじ 3ばい、さけ おおさじ 2はい、しょうゆ おおさじ 4はい
         

  • (つく)り方(かた) 

  1. あぶらげを 半分(はんぶん) (き)り、中(なか)をひらいて 袋(ふくろ) (つく)ります。あぶらげに 熱湯(ねっとう)を かけ、油分(あぶらぶん)をとります。

  2. かんぴょうを 水(みず)につけ、やわらかく して、8本(ほん)に切(き)ります。

  3. しらたきを 2、3分(ぷん)ゆで、5cmくらいの (なが)さに きります。

  4. にんじん、ごぼう、しいたけを (みじか)い 細(ほそ)ぎりに します。

  5. No.2(A)の調味料(ちょうみりょう) なべで わかし、あぶらげと かんぴょう 以外(いがい) ざいりょう を 2、3分(ぷん)(に)ます。

  6. あぶらげの ふくろに にた ざいりょうを つめて、かんぴょうで 口(くち)を とじます。

  7. なべで、No.2(B)の 調味料(ちょうみりょう)と みずを わかして 煮汁(にじる)を つくります。そのなかに あぶらげの ふくろを ならべ、味(あじ)が よく    しみるまで 中火(ちゅうび)で 煮込(にこ)みます(20ぷんぐらい)。