すきやきは、しょくたく で りょうりしながら たべる なべりょうり の なかで いちばん よく しられている 日本(にほん)の 肉(にく)りょうり です。 

つくりかた には、関東(かんとう)ふう、関西風(かんさい)ふう、そして それぞれの かてい によって いろいろ あります。すきやきは かていで たびたび たべられる りょうりですが、やはり なにか とくべつで ぜいたくなものと おもわれています。

つぎのものは、かていで よく つくられるいっぱんてきな りょうりほう です。 

  • ざいりょう−4人分(よにんぶん)と したごしらえ

    • ざいりょう A

      • うすぎり 牛肉(ぎゅうにく) 400g

      • (うし)の あぶら 30g

      • (やき)き豆腐(とうふ) 1丁(いっちょう)

        • ...ひとくちサイズにきります。

      • しらたき 200g

        • あつい ゆ のなかにいれて 2.3分(ぷん)ゆで、水(みず)きって、やく10cm の ながさに きります。

      • ねぎ 3本(ぼん)

        • 5cmの ながさで、ななめに きります。

      • 春菊(しゅんぎく) 200g

        • 半分(はんぶん)に きります。

      • なま しいたけ 8個(はちこ)

        • じくをきりおとし、上(うえ)十字(じゅうじ)のきりこみをいれます。

      • 白菜(はくさい) 4枚(よんまい)

        • 5cmの ながさに きります。

         

    • ざいりょう B

      • たまご 4個(よんこ)

       

    • ざいりょう C

      • 「わりした用(よう) (みず) 200ml

      • しょうゆ70ml

      • (さけ) 70ml

      • さとう 大(おお)さじ 5 

     

  •  つくり方(かた)

    1. Aの ざいりょう を おおきな さらに もります。

    2. Cの ざいりょう を なべにいれて にたたせ、「わりした」を つくって おきます。

    3. テ−ブルで すきやき鍋(なべ)を ねっし、あぶら を とかしてから、はじめに はんぶんくらいの 肉(にく)を やきます。いろがかわったら、「わりした」の 2/3をいれ、 ほかの ざいりょう も くわえて にます。

    4. (にく)は ほかの ざいりょうが にえるまえに 食(た)べられます。 ひとりひとりのいれものに たまごを わって いれ かるくかきまぜて、すきやきを つけて たべます。

    5. のこりの ざいりょう と「わりした」をつぎつぎと いれ、にながら たべます。

    メモ 「わりした」はできたものが びんいり で ス−パ−マッケトなどで うっています。