日本料理
 
てんぷら

「てんぷら」は、外国人(がいこくじん)の間(あいだ)で、知(し)られている日本料理(にほんりょうり)の ひとつです。ふつう しろい ご飯(はん)と いっしょに食(た)べます。また、ほかの料理(りょうり)にも使(つか)われます。たとえば、てんぷらうどん・てんぷらそば、てんどん(ご飯(はん)に「てんぷら」をのせたもの)などが あります。「てんぷら」を作(つく)るには、いくつかの コツが あります。

材料(ざいりょう)(4にんぶん
(a)  
   エビ 8尾(び) さつまいも 1本(いっぽん)
   なす 2本(ほん) (なま)しいたけ 4個(こ)
   れんこん 4cm  ししとう 8本(はっぽん)
   大根(だいこん)おろし おおさじ約(やく) サラダ油(ゆ) 600g
(b)ころも
   小麦粉(こむぎこ) 120g (たまご) 1個(こ)
   冷水(れいすい) 240ml

(c)てんつゆ

   水(みず) 240ml だしのもと 小(こ)さじ1
   みりん 60ml しょうゆ 60ml

作り方(つくりかた

  1. エビは、からをむき、つまようじを使(つか)ってせわたを とります。そして、尾(お)の先(さき)を きりおとし、曲(まが)がらないように エビの はらに いくつかの きりこみ を いれます。

  2. さつまいも の 皮(かわ)を むき、5mmくらいの     わぎりに します。

  3. なすは、縦(たて)に 半分(はんぶん)にきり、さらに4〜5の きりこみを いれます。

  4. しいたけの軸(じく)を きりおとし、上(うえ)に十文字型(じゅうもんじがた)の きりこみ を いれま す。

  5. れんこんは、皮(かわ)を むき、1cmくらいの わぎりに します。

  6. ししとうは、揚げ油(あげあぶら)に いれた時(と き)に、はれつ しないよう、縦(たて)にきりこみを いれます。

  7. (c)の材料(ざいりょう)を なべにいれ、ふっとう  させます。

  8. (たまご)と冷水(れいすい)を ボウルにいれて まぜ、小麦粉(こむぎこ)を 加(くわ)え、さらに軽(かる)く まぜあわせます。

  9. サラダ油(ゆ)を 170〜180度(ど)くらいに熱 (ねっ)します。

  10. 材料(ざいりょう)(a)の 水気(みずけ)を ふきとり、ひとつずつ ころもをつけて 揚(あ) げます。

  11. 大根(だいこん)おろしを いれた てんつゆに つけて、食(た)べます。

メモ

  • アスパラガス、かぼちゃ、いんげん豆(まめ)、ピーマン、にんじん、たまねぎ、魚(さかな)、いかなども、「てんぷら」に よく使(つか)われます。

  • てんつゆは、びんに入(はい)ったものを、お店 (みせ)で 買(か)うことが できます。

  • 簡単(かんたん)に 作(つく)れる てんぷら用(よう)の 粉(こな)も、お店(みせ)で 買(か)うことが できます。