★ やきとり ★ 

最近(さいきん)は、そのままで使(つか)えるいろいろな種類(しゅるい)のたれ(ソース)が 売(う)られています。そのたれを使(つか)って家庭(かてい)でもプロの味(あじ)が かんたんに あじわえます。スーパーマーケットで 手(て)に はいるやきとり用(よう)のたれで「やきとり」を作(つく)ってみませんか。

材料(ざいりょう)(4にんぶん):

とりもも肉(にく) 500g
ししとう 16本
ながねぎ 2本
やきとり用
(よう)たれ 100ml

作り方(つくりかた)

1.とり肉(にく)を一口大(ひとくちだい)にきります。
2.とり肉(にく)を5分間(ふんかん)むして、半生状態(はんなまじょうたい)にします。

       こうすると、あみで焼(や)く時間(じかん)が短(みじか)くなり、よぶんな  (あぶら)も とりのぞかれます。

3.ながねぎは、およそ3cmの長(なが)さに きります。
4.とり肉(にく)と ながねぎ、とり肉(にく) ししとうを かわるがわる 竹(たけ)ぐしに さします。
5.
とり肉(にく)に はけで たれをぬり、あみで 焼()き、これを2、3回(かい)くりかえします。

メモ
1.   
とりレバーも やきとりに使(つか)われます。
2.   
たれのかわりに しお味(あじ)の やきとりも とても おいしいです。

 

世界的(せかいてき)に有名(ゆうめい)な童話作家(どうわ さっか)アンデルセン が 生(う)まれた まちで、 姉妹都市(しまいとし)のオーデンセ市(し)から、西暦(せいれき)2000年(ねん)を 記念(きねん)して つくられた 「オーデンセ市(し) ハンス・クリスチャン・アンデルセン賞(しょう) 2000年(ねん)」が、船橋市(ふなばしし)に おくられました。船橋市(ふなばしし)が アンデルセン公園(こうえん)の建設(けんせつ)などを つうじて 市民(しみん)の こころに アンデルセンを ふかく うえつけた 功績(こうせき)に よるものです。

4月(がつ)2日(ふつか)、デンマーク王国(おうこく) マーガレーテ2世(にせい) 女王陛下(じょおう へいか)から 賞状(しょうじょう)と 記念(きねん)の ブロンズ像(ぞう)が 藤代市長(ふじしろ しちょう)に てわたされました。