7月17日


1300年の歴史と、幾度の戦乱にも耐えてきた韓国の古都(慶州)を訪ねる
副会長 小林 勇

6月6日、船橋商工会議所国際交流委員会の呼び掛けで国際交流協会のメンバーも参加し、韓国観光産業視察並びに親善旅行に出発した。一行11名、3泊4日の日程である。

6月に入ってからも記録破りの蒸し暑さで、ひと際鮮やかな紫陽花が空港に向かう我々一行を見送ってくれた。

KE1便9時45分成田を発ち、12時10分韓国第二の都市釜山へ到着。

370万釜山市民の食を賄うジャガルチ市場へ直行。軽く喉を潤し、1300年の歴史と幾度の戦乱にも耐えて来た古都・慶州へ一路向かった。\

緑に覆われた小高い山々の間に広がる水田、田畑。あまり日本の風景と変わりない。

7日、韓国高速鉄道KTXでソウルへ。8日、市内散策と自由行動。9日最終日、大国の身勝手な論理で半世紀以上の分断の苦しみをしいられて来た軍事境界線へ行った。

一行は厳しい韓国の政情にふれ、様々な出会いと想いを胸に秘め、なごり惜しむかのように眼下に遠ざかるソウルの夜景をあとにした。