〜アンデルセンの生涯と彼を育んだ風土〜

 

6月10日から4回にわたり、当協会主催の姉妹都市理解講座(副題:美しいまちオーデンセ市、その魅力にふれる)が開始されました。

第1回目はデンマーク大使館職員のイエンス・サーゲン講師により、「デンマークの歴史と風土 / デンマーク語の挨拶」と題して、募集人員25名を30名に増員して参加された、デンマークに関心の強い人々を前に行われました。

講義の途中からデンマーク人の気質を理解するため、会場の暗幕を閉めて各テーブルにろうそくが灯されました。薄暗い中での講義は日本人とかの国の人々の違いを語る、サーゲン講師の説明が身にしみて理解できた講座でした。

その他、アンデルセン公園での講座、そして最終日には、デンマーク料理の調理実習も行われ、受講者の方々はこの講座を満喫されたようでした。

広報委員 田嶋