船橋からの多くの市民が、ヘイワード・船橋姉妹都市委員会の中心的存在の鶴本世津子さんにお世話になりました。その一人であり、長年の留学中、鶴本さん宅に下宿していた中村美紀さんから、世津子さんの心臓手術後の健康回復について、以下の報告がありました。

協会ホームページに寄せられた中村美紀さんからの手記から

大穴北 中村 美紀

昨年の秋、「世津子さんが、心臓の手術を10月13日にサンフランシスコの病院で受ける」との突然の知らせに、留学中、大変お世話になった私は、取るものもとりあえず、アメリカに向かいました。手術の直後、集中治療室で2ケ月ぶりに会った世津子さんのあまりの衰弱ぶりに正直ショックを受けました。しかし、術後の急速な回復ぶりは驚くばかりで、2日目には自分で歩いてトイレに行き、6日目には早々に退院となりました。自宅に戻ってから、リハビリに専念した結果、クリスマス前には、プレゼントを買いに行けるようになり、台所に立てるまでに回復しました。そして、好きなワインも飲めるようになりました。2カ月間お世話しましたが、この新年は、船橋からの友人をもてなすこともでき、今年の10月に行なわれる姉妹都市15周年の記念式典の準備に、今までのあの元気さで取りかかれるまで回復されましたので、もう心配はありません。

(要約)広報委員 中川