葛飾公民館日本語教室ボランティア  西船 小田 恪郎


学習成果を舞台の上で

日本語教室交流パーティーが、2月11日(日)、葛飾公民館講堂で開催されました。これは従来「国際交流のつどい」のなかで行われていた外国人のスピーチコンテストを独立させ、形を変えて開催したもので、市内6教室で学ぶ20ヶ国以上の学習者とボランティアを合わせ約160名が一堂に集まりました。

会の前半は朗読、寸劇、スピーチ、歌や踊りなど日頃の学習成果を示す多彩な発表があり、後半はティーパーティで参加者全員が交流。学習者によるピアノ弾き語り、ハンドベル演奏、ばか面おどりなど、余興も飛び出すなごやかな雰囲気で、最後に「小さな世界」を全員で合唱、熱気に包まれ、この日の行事を終了しました。

市内に住む外国の人たちの日本語学習熱がますます高まる中、日本語教室の更なる充実と発展が期待できる中身の濃い交流会でした。