船橋市国際交流協会  遠藤興輝

 

レセプションの一コマ

中核都市指定を記念する式典が、5月31日開催されましたが、この式典に参加するため、ヘイワードの姉妹都市委員会のメンバーが来船されました。

ヘイワードからの代表団の方々は、式典参加の他、小学校,、老人ホーム等を見学され、また、29日には、代表団を歓迎するレセプションが開催されました。

代表団の方々へ、今回の来船についてアンケートをお渡しし、回答を頂きましたので、ご紹介します。

アンケートは、下記の三つの質問です。

  1. 今回船橋へ来られた動機は何ですか。
  2. 29日の見学で、最も印象的だったことは何ですか。
  3. あなたと船橋、あるいは日本を結びつけるものは何ですか。

以下アンケートへの回答です。

アニータ・リヴァードさん

  1. 船橋市から招待されました。
    この後、足を伸ばして、未だ行ったことのない都市を旅行する予定です。

  2. 生徒達の態度の素晴らしさ。
    誰も、恥ずかしがり屋ではありませんでした。
    私たちに、英語で話しかけようと努力してました。
    皆さん、全て素晴らしい生徒達でした。

  3. ヘイワード/船橋姉妹都市委員会。
    これまで、ヘイワードの大学に留学する12名の学生をホームステイで受け入れてきました。
    これは、私にとって大変意義のあることで、これを通じ、たくさんの友人が出来ました。

ミシェル・リヴァードさん

  1. 中核都市指定記念式典にヘイワード/船橋姉妹都市委員会のメンバーと参加するため。
    姉妹都市委員会の書記を務める母に同行してきました。

  2. 素晴らしい音楽! 親切な人びと!

  3. ヘイワード市との姉妹都市提携


アニタ・リヴァードさん(右)
ミシェル・リヴァードさん(左)


ダーレル・ウッズ氏
ジーン・フィッシャーさん

ダーレル・ウッズ氏

  1. サカモトさんからの日本人についての情報です

  2. 学校での子ども達の態度や行儀

  3. 人びとの親切

ジーン・フィッシャーさん

  1. ずっと、日本に行きたいと希望しておりました。
    それで、この機会に、姉妹都市委員会のグループの人たちといっしょに日本へ来ました。

  2. 学校の子ども達

  3. 人びと__親切で、歓迎されていると感じさせてくれます。

エドワード・ホーヴァス氏

  1. 私は、日本の歴史やことば、文化に対し関心を持ってきました。
    ヘイワード/船橋姉妹都市委員会のメンバーになることで、日本についてさらに学ぶ良い機会を得ました。

  2. 昨日(29日)参加した行事は、上に述べたことの良い例かと思います。
    小学校と老人福祉センターの見学は大変興味深いものでした。

  3. ヘイワード/船橋姉妹都市委員会のメンバーであるとともに、この12年間、モロー高校で、日本人学生を教えてきました。
    これら学生の多くと、この2-3日のうちに会う予定です。


エドワード・ホヴァース氏


ゲイル・ランドホルムさん

ゲイル・ランドホルムさん

  1. 日本文化に興味を持って久しくなります。
    もっと多くを知るため、ヘイワード/船橋姉妹都市委員会のグループに参加しました。
    今回の旅行は、直接学ぶ素晴らしい機会となりました。

  2. 初等教育の経歴を持っておりますので、アンデルセン公園や豊富小学校の見学は大変楽しいものでした。
    また、市役所に展示されていた盆栽の美しさに、大変感銘を受けました。

  3. カリフォルニア州オークランドで過ごした子どもの頃、二人の日本人の友達がいました。ダイアン・ヒロコ・ユーマエとアン・ナカヤマです。
    彼女たちの家族は私に大変やさしく、私たちの友情を育くんでくれました。
    ですから、当然、日本や日本文化に興味を持つようになりました。

フィリス・ガヴァーザさん

  1. 船橋市の中核都市指定を祝うため。

  2. 学校の生徒達と素晴らしい先生達。
    美しい日本庭園。

  3. 親切な人びと。

 


フィリス・ガヴァーザさん
バーナード・ゲリー氏

 


スーザン・サカモトさん
ウェスリー・サカモト氏
現ヘイワード・船橋姉妹都市委員会
会長夫妻

スーザン・サカモトさん

  1. (1)船橋市の中核都市指定を祝うため
    (2)息子にいろいろして下さった人びとに会うため
    (3)中心で大切な動機:息子に会うため
  2. 中核都市記念式典での子ども達の演奏は本当に楽しかったです。
    プログラム第2部は、今回の船橋旅行の圧巻です。

  3. (1)子ども達が、日本の学生に英語を教えていること。
    (2)州立大などとの学生交換__たくさんの素晴らしい子ども達とその家族に会いました。
    (3)ヘイワードを訪れる多くの友人達

ウェスリー・サカモト氏

  1. 妻と共に、新しい市制(56万人の人口)を祝うために来ました。

  2. 国際交流協会が主催した姉妹都市提携レセプションはみんなが楽しみ、印象に残るものでした。

  3. 姉妹都市委員会の創立メンバーの一人であることは大変名誉なことです。


レイ・ツルモト氏
セツ・ツルモトさん
初代ヘイワード・船橋姉妹都市委員会
会長夫妻

レイ・ツルモト氏 

セツ・ツルモトさん

 

アンケートへのご回答は頂けませんでしたが、レセプションでお話しを伺いました。

 

朝鮮戦争当時日本に軍人としてこられ、その折、奥様セツさんと知り合われたそうです。

 

「良い奥さんを見つけた」と言われ、「お前の奥さんはどうだ?」と訊かれたので、「良い家内、十年経てばオッカナイ」というサラリーマン川柳を紹介しましたら、笑って居られました。

 

奥様セツさんは、長い闘病生活を感じさせない元気な姿で参加され、州立大留学経験者や市民の方達と懇談されていました。