Top  お知らせ  交流ひろば  YOKOSO to Funabashi  掲示板  姉妹・友好都市  国際交流協会  リンク  協会宛メール   ホーム


国際交流協会 交流委員会 文化交流グループ

伊藤恭子

 

私たち文化交流グループは、毎月一度、基本的には第一水曜日に、参加自由な例会を開き、出身国籍を超えたふれあいの場を提供しています。そして異国の文化、日本の文化を、共に学びあいながら、お互いの理解と信頼を深めています。

 

毎月の活動は、グループ員のアイデアと協力で成り立っています。

 

今年ももう半分が過ぎ、みんなの努力と笑顔が、またすてきな思い出になりました。

  • 1月12日(日)――NEW YEAR PARTY ―― (中央公民館にて)

日曜日開催としたことで、幅広い年令層、10カ国から、総勢70名もの参加者を得、とてもにぎやかに楽しく集うことができました。

Party は ミャンマー出身の平山イイキンさんとお嬢さんによる、愛らしくしなやかなミャンマーの民族舞踊ではじまり、一品持ち寄りによる各国のエスニック料理を、談笑しながらいただいたあと、琴と尺八の演奏家を招いての心にしみる演奏がありました。曲目は<春の海><さくら変奏曲>。新春らしい日本の情緒に浸ったひとときでした。 

  • 2月5日(水) ――台湾料理講習会――   (宮本公民館にて)

メニューは、  <焼きビーフン、ソンナータン(スープ)、ココナッツもち>

台湾出身の渡辺淑静さん、松原里衣さんに教わりました。

野菜たっぷりでヘルシーな焼きビーフンとソンナータン、やさしい味のココナッツもち、どれも簡単に作れておいしくいただけました。

食事の後、お二人に、台湾について色々お聞きし、 ウーロン茶の正しい入れ方も実演していただきました。 ‘食’をとても大事にする台湾の文化にふれました。

  • 3月5日(水) ―― ミーティング――  (中央公民館にて)

フィリピン出身のアナウイルマさん紹介の、フィリピンのお菓子をいただきながら、15年度の活動予定をみんなで決定しました。

  • 4月2日(水) ――お花見に行こう――  (新宿御苑 )

小雨のそぼ降る中、電車で桜の名所、新宿御苑へ。広い庭園に、ほぼ満開のソメイヨシノ、ピンクの濃淡の美しいシダレザクラなど、そのすばらしさに、みんな立ち止まっては感嘆、鑑賞しました。桜をこよなく愛する日本特有の伝統を、みんなで納得できた気がしました。

  • 5月7日(水) ――国立歴史博物館見学―― (佐倉)

5月の風さわやかなこの日、8カ国34人の参加者を得て、市の社会教育バスで、佐倉の国立歴史博物館へ。広い館内をおしゃべりしながら、思い思いに見学、日本の文化歴史にふれました。

昼食後、佐倉城址公園を散策、フィリピン出身のメラニーさん、リヴァティーさん提案のゲームに、みんな童心に返り、大声をはりあげ、笑い興じました。

     

  • 6月4日(水) ――ビーズアクセサリー作り――(中央公民館にて)

コスタリカ出身のタニア利倉さんに、モノトーンで素敵な、ビーズで作るブレスレットを教わりました。

みんな夢中で作品作りに取り組み、それぞれとてもきれいに仕上がりました。

自分で作る喜び、それを腕に飾る楽しみを味わいました。                

  • 7月2日(水) ――ゆかたの着付け体験―― (中央公民館にて)

船橋市本町で、(たま)(ずさ)着物学院の学院長をしていらっしゃる西方久美子先生に、ゆかたの着付けを指導していただきました。

帯結びは基本的な蝶結び。始まって1時間もすると、ゆかた美人がぞくぞくとできあがり、写真撮影に大騒ぎとなりました。外国出身の方々が、日本の着物をとても気に入ってくださっているのを強く感じました。

  ネリー中さん(フィリピン出身)の感想 

今まで、子供も私もゆかたを着るときは帯があらかじめ結ばれているものを使っていました。今回、帯の結び方を教わり、自分で結んだ帯がこんなにも綺麗にできることを知り、驚きました。

ゆかたはデパートなどにも手ごろな値段で売っていて求めやすいので、外国人も気軽に日本のきもの文化にふれることができ、良いものだと思います。

次回、9月は、ネリーさんに、フィリピンを紹介していただく予定です。

フィリピンのおどり(バンブーダンス)や お菓子も楽しめます。

  • 9月3日 (水)1:30pm〜3:30pm

宮本公民館 講堂にて

参加申し込み、お問い合わせは国際交流協会 事務局まで

Tel. 047-436-2083   Email. fira@fira.jp