北村速彦

これから何回かにわたり、我が国で日本語を学んでいらっしゃる外国人の皆さんのために、日本語学習の上で御参考になろうかと思われる話をしてみたいと思います。

今から取り上げようとする言葉の問題は、主に日本語の日常の「話し言葉」についてであり、それも現在の共通語である東京語(Tokyo dialect)に限ります。つまり東京弁です。御存知のように京都や大阪には、いわゆる関西弁があり、そのネイティブ・スピーカーは、これこそ本当の日本語だという誇りをもって話しています。また、例えば東北の気仙沼地方にも、独特の文法体系を持つ話し言葉があって、東京語にはない豊かな表現が可能だと聞いています。ある人はこれを「気仙語」と称して誇り高く用いています。無論、このほかにも日本各地には様々な方言の体系があり、それぞれ豊かな表現力があります。

さて、皆さんが学ぶ話し言葉としての東京語は、テレビやラジオというマスメディアを通じて日々洪水のように恐ろしい勢いで日本国中を駆け巡っているわけですが、そうした過程を通じてめまぐるしく変化しています。その激しい動きは、ほとんど誰もチェックできないほどです。

しかし、こうした言葉の洪水に押し流されながらも、心有る人は一体日本語はこんなことで良いのかと話し言葉の現状に首をかしげているに違いないと思います。そういう人間の一人として、私も毎日テレビやラジオを聴きながら、心がちくちくと痛んでいます。そして、日本語を学んでいらっしゃる皆さんが、そうしたメディアの影響を受けることが大きいのではないかと思うと、なおさら平静ではいられなくなってきます。

そういうわけで、これから暫くの間、話し言葉としての東京語の現状について、いくつか問題点を取り上げながら、日本人の心性にまで及ぶ事柄を外国人の皆さんにお話していきたいと思います。

その第1回として、このたびは「敬語」の問題点の一つを取り上げます。日本語の敬語というのは、皆さんも気付いていらっしゃることでしょうが、独特の複雑な体系を持っていますので、ネイティブ・スピーカーである私たち日本人自身でさえ、これを誤りなく適切に用いることは決して容易ではなく、相応の教養が必要です。

この場合、「教養」と言っても、それは必ずしも高等教育的な知識を意味しません。現に大学の教授クラスの知識人であっても敬語の使い方を間違える人は多いのです。しいて言えば、その人の生まれ育った言語的環境と本人のセンスがものを言うわけで、それも先にお断りしたように、あくまで東京語圏での話です。

以前、あるセミナーで私が敬語の問題を取り上げた際、地方出身の中年の婦人が率直な感想を述べていましたが、その人がかつて生まれ育った土地を離れて上京したとき、敬語の使い方が難しくて戸惑ったと言うのです。これはしかし、決して東京語の優位性を意味するわけではなく、他の方言にも、その方言独自の敬語の体系があって、東京語圏の人間が地方へ行けば同じことが言えるわけです。

それくらいですから、日本へ来て初めて日本語を学ぶことになった皆さんは、最初から敬語の問題は言わば敬して遠ざけるほうが無難であると言えるかもしれません。

そこで、これから、しばらく敬語の問題点について実例をいくつか取り上げながら話していく中で、当の日本人がしゃべっているのだからと言って盲目的に真似をするのは危険だということを知っていただきたいと思います。