協会宛メール.

最新情報

お知らせ 交流広場 YOKOSO to Funabashi 掲示板 日本語教室 姉妹・友好都市  国際交流協会 リンク

 目 次

1 熱中症注意
2 イベントカレンダー
3 日本び~竹馬
4 予防接種
5 日本料理鮭茶づけ
6 日本語ミニ知識中元
7 江戸東京博物館
バックナンバー
2013年 
70号
2012年 
69号 68号 67号 66号
2011年 
65号 64号 63号 62号
2010年
61号 60号 59号 58号
2009年
57 号 56号 55号 54号
2008年
53号 52号 51号 50号
2007年
49号 48号 47号 46号
2006年
45号 44号 43号 42号
2005年
41号 40号 39号 38号
2004年
37号 36号 35号 34号
2003年
33号 32号 31号 30号
2002年
29号 28号 27号 26号
2001年
25号 24号 23号 22号
2000年
21号 20号 19号 18号

日本(にほん)()ミニ知識(ちしき) お中元(ちゅうげん)

 
 

日本(にほん)では ()ごろ、お世話(せわ)になっている(ひと)に、(ねん)に2(かい)(しな)ものを (おく)(しゅう)(かん)が あります。  (なつ)(おく)(しな)ものを お中元(ちゅうげん) といいます。

(がつ)ぐらいから、デパート、スーパー、サイトなどで、お中元(ちゅうげん)の 広告(こうこく)をみることがあります。 

今回(こんかい)は、お中元(ちゅうげん)について  説明(せつめい)します。

中元(ちゅうげん)」ということばは、中国(ちゅうごく)宗教(しゅうきょう)から きています。(かみ)1人(ひとり)が 7(がつ)15(にち)誕生日(たんじょうび)で、その()を 中元(ちゅうげん)()といいます。 中国(ちゅうごく)日本(にほん)では、その()に (せん)()()ようするものでした。江戸(えど)じだいから 先祖(せんぞ)()ようしたり、お世話(せわ)になっている(ひと)に「ありがとう」の()もちを (しな)もので (おく)るように なってきました。

どんな(ひと)に お中元(ちゅうげん)を (おく)るのでしょうか?

(おや)(しん)せきや (なら)(ごと)先生(せんせい)が (おお)いです。

日本(にほん)の (なつ)は (あつ)いので、()みものなどが  よろこばれます。 

もし、お中元(ちゅうげん)をもらったら、お礼状(れいじょう)を ()くことを、おすすめします。

(がつ) 7(がつ)には、デパートでは お中元(ちゅうげん)会場(かいじょう)が あります。(しな)ものが たくさん(なら)んでいますので、()(くだ)さい。

船橋市国際交流協会   船橋市湊町2丁目10番25号  TEL:047-436-2083  FAX:047-436-2089