協会宛メール .

最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク

目 次

 日本語教師時代の思い出・15

田端道子(090807)

 日本語教師時代の思い出・14

田端道子(090720)

 日本語教師時代の思い出・13

田端道子(090701)

 日本語教師時代の思い出・12

田端道子(090615)

 日本語教師時代の思い出・11

田端道子(090601)

バックナンバー

20082009
2007
2006
2004~2005
2002~2003
2001
2000

 

 

No15

北京白塔寺      
(道子パソコン画)

西城区岐阜城門内に白塔寺があります。
外交学院から徒歩20分の距離で、よく散歩にいきました。
スナップ写真
「北京の風・白搭寺」へどうぞ


その6

「2年生の作文」
2年目には2年生の作文の授業を持たされました。中国人教師が限られた時間で学生の日本文を添削するのは苦労らしいです。

そんなわけで作文の授業はたいてい日本人教師に回ってきます。日本人ですから直ぐ間違いがわかりますし、微妙な言い回しの違い、語彙選択の間違いもわかります

中国人教師は学生に作文を提出させても、全員の文をチェックせず、3.4人だけ見て、教室では注意事項だけを伝え学生に返すようです。

日本人の私や夫は毎回、学生全員の作文を丁寧に添削して返すので学生たちはとても感激しました。

外交学院は少人数だったのでまだ楽でしたが、後で赴任した大学では30人クラスが二つもあり、作文を提出させたあとの添削が毎回大変でした。

いつも3.4年の論文や作文を持たされた夫は、毎晩夜遅くまでフウフウ言いながら60人もの添削作業をしていました。

作文の最初の授業は日本式原稿用紙の書き方、欠席届けの書き方、封筒の宛名書、「先生への手紙」など日本式手紙文の季節の挨拶などを指導しました。

普通体文、に慣らすため日記もつけさせました。「です。ます」文ではなく「である」「だ」文にする練習です。

学生のよくする間違いは
  • 助詞の間違い
  • 普通文と丁寧文の混同
  • 時制の間違い
  • 形式名詞の間違い
  • 発音を間違って覚えていることでおこる間違い
  • 母国語の中国語との混同
    (漢字が同じでも日本と中国では意味が違うものがたくさんあります)

外交学院の学生は、レベルが高かったので後期の授業では、テーマを与えどんどん作文を書かせました。

「子供時代の思い出」「病気をした時」
「祖父母のこと」「将来の自分」
「いい人材とは」
「中国・中国人について・なんでも」
「日本・日本人について・なんでも」
「日本語を勉強して」などなど

中国小中校の作文教育は「文の導入から終結までのある決まり」があり、「社会や人生の理想や希望を高らかに語る」という文章が強く、パターン化されているようです。

立派な文ですが、みんな同じでような内容で真面白くない傾向があります。教師も優等生的思考の文に大きな点数を与えるようです。

油断すると、どこかの本から写してきたものを、さも自分の文のように書きなおして提出する学生がいます。

中国では「日本語作文コンクールで賞を受けた作文集」が多種学生の間にでまわっていて、これを盗む学生もいます。

また近年インターネットの普及で、ネットから見つけ出してきた文を盗作する学生もいて、一部違い、一部は何人か全く同じ文という提出作文があり、苦笑してしまいました。

私は、学生たちに自分の気持ちを素直に書くこと。
中国文の直訳的日本文にならないよう、日本語らしい文を書くこと。
心が伝わる文章を書くこと。
などを注意しました。


最近、本棚の奥から、1999年外交学院時代の学生の作文集が出てきました。
私が外交学院を離れる時、コピー印刷して作文集にして学生にプレゼントしたものです。
今読み返してみると、2年生でよくこれだけの日本語作文が書けたと感慨無量です。
懐かしい文章です。
別れてから10年、今も彼らはこの作文集を持っているでしょうか。
その何篇かを匿名にしてUPしてみました。
1999年 外交学院・ 2年生の作文」
興味のある方はクリックしてください

浴衣の体験
日本で私の友人たちが協力して中国人学生のために
浴衣を集めてくれたので、ダンボールにつめ
15枚ほどの浴衣を北京に持って行くことができました。
学生は着物を着るのは初めてで大喜びでした。
この浴衣はあとで演芸会などに貸し出ししました。

つづく


 バックナンバー  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 
14          


 船橋市国際交流協会   船橋市湊町2丁目10番25号  TEL:047-436-2083  FAX:047-436-2089