協会宛メール

最新情報   

目 次

 
  トルコ旅行記 5
   
               (100831)
  トルコ旅行記 4
                  (100717)
  トルコ旅行記 3
                  (100622)
 トルコ旅行記 2
                  (100519)
 トルコ旅行記 1
    
              (100410)
 

 

トルコ旅行記 5

加藤 眞由美氏 投稿)
  

小学生と中学生の夏休み

2010年7月末 小学校6年生 
郁香さん 美帆さん 中学校2年生 新太郎さん
昭年さんと 5人でトルコに行きました。
アヤソフィアの前で

成田空港より13時半発のトルコ航空機でトルコ最大の都市イスタン
ブールに向かいました。飛行機の中ではリラックスし12時間弱のフラ
イトは苦痛ではありませんでした。

現地時間20時頃イスタンブールの空港に着きました。彼らにとって
初めての海外旅行でしたが、まずは交通機関を使ってホテルに到達する
のに必死でした。

ホテルに到着してからは、その設備になれるのにも時間がかかりました。
この辺のお話は来月第6話でさせていただきます。

旅行の目的は観光もありますが、地元の人と同じように暮らしてみること
そして 浴衣を着てイスタンブールの街をかっぽして どんな気分か 
また周りの人々がどんな 関心を示すか実験してみようということ
でした。

1日目は私と美帆さんが浴衣をきました。多くの人々に呼び止められ 
一緒に写真撮影しました。

イランの方と

ギリシャ人女性 キリム博士とそのスタッフ 
 
2日目は郁香さんと美帆さんが浴衣を着
ました。この日の方がより多く声かけられ
ました。皆さんから着物きれいねと言わ
れてウーーーン着物だけ???って
ちょっと不満そうでした。
一緒に写真とってくださいのリクエストは
12カ国もありました。トルコ人の方々
からもリクエストされました。本年は
トルコ国内で日本年ということもあり、
日本ブームはまだまだ続きそうです。

携帯電話ショップに行きました。

 

TURKCELLはトルコで主流の電話会社とのことです。後vordafoneかな。銀行引き落としではなくて、SIMカードを買ってチャージしての携帯電話が多いです。この写真のADEMさんは電話修理のプロとおっしゃっていました。電話レンタルもなさっているとのことです。トルコではまだめずらしいビジネスとのことです。物価が安いのでレンタル電話代金も日本に比べてかなり安いようです。 

  

 
 

ボスポラス海峡を船で渡り、アジア側にいきました。船の中でトルコ人の小学生とお友達に
なれたようですが、
トルコ語が話せたらよかったのにとちょっと残念。おかあさんにお菓子
まで買っていただきました。それがとてもおいしくて、その後同じお菓子を買おうと
スーパーマーケットーに行きましたが、見つからず、残念でした。

 
 

トルコに赤十字はあるのでしょうか?

赤十字社(せきじゅうじしゃ)とは、スイス人実業家アンリ・デュナンの提唱により創立されました、「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」の7原則を掲げて、世界各国に存在する人道的活動団体です。 赤十字標章は,アンリ・デュナンの母国であるスイス国旗に敬意を表して「赤地に白い十字」を反転させたものです。

トルコの様なイスラム諸国では、「十字はキリスト教を意味し、十字軍を連想する」として嫌われたため、白地に赤色の新月を識別マークとし、「赤新月社」(せきしんげつしゃ)と呼んでいるそうです。最初にこの申請をしたのがトルコです。1929年,ジュネーブ条約改定の際に外交会議によって認められました。三日月はトルコなどの国旗に使用されていますが,これは「オスマントルコ帝国の皇帝が戦線を訪れたとき,三日月と星が輝いた」という故事に由来します。この組み合わせは「善と幸福」を表すものといわれています。

日新月社の三日月の向きはさまざまです。その国が赤新月社を設立するときにその社の定めた方向になっています。