協会宛メール.

最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク




船橋市国際交流協会規約

 

(名称)

第1条 この会は、船橋市国際交流協会(以下「協会」という。)と称する。

(目的)

第2条 協会は、船橋市民を中心に広く国際交流親善についての理解と関心を高め、
かつ、積極的に地域に根ざした各種交流事業を行うこと、並びに在住外国人への支援を
推進することにより、国際意識の高揚と諸外国との相互理解の増進を図り、
在住外国人と共に世界に開かれた地域づくりに寄与することを目的とする。

(事業)

第3条 協会は、前条の目的を達成するために次の事業を行う。

(1)  国際交流事業の実施

(2)  国際交流の啓発および普及

(3)  国際交流支援事業

(4) 国際交流に関するボランティア活動の支援および育成

(5) その他前条の目的を達成するために必要な事業

(構成)

第4条 協会は、第2条の目的に賛同する次に掲げる会員を持って構成する。

(1)団体会員

(2)個人会員

(会員資格の喪失)

第5条 会員は、次の各号のいずれかに該当するときは、会員でなくなるものとする。

(1)    退会したとき

(2)    死亡したとき

(3)    正当な理由なく会費を2年以上滞納し、かつ催告に応じないとき。

(役員)

第6条 協会に、次の役員を置く。

(1)    会長 1名

(2)    副会長 若干名

(3)    理事 50名以内(会長、副会長を含む。)

(4)    監事 2名

2 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない。

3 補欠により就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。

4 役員は任期満了後でも後任者が就任するまでは、なお、その職務を行う。

(役員の選出)

第7条 会長及び副会長は、理事会において選出し、総会の承認を得るものとする。

2 理事は、第15条に規定する運営会議において選出し、総会の承認を得るものとする。

3 監事は理事会において選出する。

 

(職務)

第8条 会長は、協会を代表して、会務を総括し、会議の議長となる。ただし、会議の運営上必要な場合、
会長は出席者の承認を得て他のものを議長として指名することができる。

2 本条の会議とは、総会・理事会・運営会議とする。

3 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときは、その職務を代理する。

4 理事は、会務の執行を協議し、協会の運営にあたる。

5 監事は、協会の会計を監査する。

(名誉会長及び顧問)

第9条 協会に名誉会長及び顧問を置くことができる。

(総会)

第10条 総会は、毎年1回以上会長がこれを招集する。

2 総会において決議または承認する事項は次のとおりとする。

(1)    予算及び決算

(2)    事業計画及び事業報告

(3)    規約の変更

(4)    役員の承認

(5)    その他、会長が必要と認めた事項

(理事会)

第11条 理事会は、会長、副会長及び理事をもって構成し、会長が必要に応じ召集する。

2 理事会において審議する事項は、次のとおりとする。

(1)    協会の運営に関すること

(2)    総会に付議する事項

(3)    その他、会長が必要と認めた事項

(議事)

第12条 会議の議事は、出席者の過半数をもって決定し、可否同数のときは議長の決するところによる。

2 本条の会議とは総会・理事会・運営会議とする。

(委員会)

第13条 協会は、第3条で定めた事業に関し、総会で決定された方針に基づき、事業の執行に関する
具体的な事項を審議し、かつ、具体的な活動を実施するため、次の委員会を置き、委員の互選により
委員長を選出し運営会議で確認する。

(1)総務委員会

(2)広報委員会

(3)文化交流委員会

(4)外国人相談窓口委員会

(5)日本語教室委員会

(6)国際理解セミナー委員会

(7)会員増強委員会

(8)その他、協会が必要と認める委員会

(総合企画会議)

第14条 協会の中・長期の運営方針等を審議するため、総合企画会議を置く。

2 会議の構成は、会長・副会長・総務委員長及び会長の指名した者とする。

3 審議された事項は、運営会議に付議する。

(運営会議)

第15条 協会の運営について審議するため、協会に運営会議を置く。

2 会議の構成は、会長及び副会長並びに第13条に掲げる委員会に属する委員の代表
  及び事務局員とする。

(経費)

第16条 協会の経費は、次の収入をもってあてる。

(1)    会費

(2)    補助金

(3)    寄付金

(4)    その他の収入

(会費)

第17条 協会の会員は、年会費として次の会費を納めるものとする。

(1)    団体・法人会員 年額 一口 10,000円

(2)    個人会員    年額 一口  2,000円

(会計年度)

第18条 協会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(決算)

第19条 会長は、会計年度終了後、決算書及び事業報告書を作成し、監査に付さなければならない。

(事務局)

第20条 協会の事務を処理するため、事務局を船橋市役所内に置く。

(委任)

第21条 この規約に定めるもののほか必要事項は、会長が別に定める。

 

 附 則

 この規約は、昭和62年8月25日から施行する。

 附 則

 この規約は、昭和63年6月3日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成元年8月28日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成7年7月11日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成10年5月28日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成13年5月17日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成14年5月22日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成17年5月19日から施行する。

 附 則

 この規約は、平成24年5月18日から施行する。

附 則

この規約は、平成26年5月12日から施行する。

附 則

(施行期日)

1 この規約は、平成27年5月14日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の船橋市国際交流協会規約第17条第2号の規定は、
平成28年度以後の会費について適用し、平成27年度分までの会費については、
なお従前の例による。

                                                                 

船橋市国際交流協会   船橋市湊町2丁目10番25号  TEL:047-436-2083  FAX:047-436-2089