協会宛メール .

最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク

 
 
 
 災害時外国人支援ハンドブックの作成
船橋市国際交流協会では、災害時に言葉が通じないことで災害弱者になりうる可能性がある外国人を支援するボランティア(以下、サポーター)を養成するため、船橋市と共催で平成19年度より「災害時外国人サポーター養成講座」を実施しています。

しかし、「地元は被災地・自分は被災者」と言われるように船橋市で災害が発生した場合、ボランティアは支援者になる前に被災者となることが想定されます。 そこで、平成21年度は船橋市と横須賀市が平成8年から締結している「災害時における相互応援に関する協定」にヒントを得て、船橋、横須賀双方の協会・市(4者)が研修を共催し、相互支援のあり方について考えることとしました。
両市のどちらかで災害が発生した場合、相手の被災地に支援に向かうことを前提にしたハンドブックを合同研修の集大成として作成しました。

 特色は以下のとおりです。

@   相互支援を念頭に置いたハンドブック

両市の外国人住民の居住状況や地理的特徴をまとめ、外部からの支援者が容易に活動できるよう地名にふりがなをつけるなどの工夫を行いました。

(地元住民には当たり前でも、外部からは分からない情報に配慮)

A   追加・メモができる書き込み式のハンドブック

平常時と災害時で情報が変化してしまうことに対応するため、追加・メモができる書き込み式の欄をできるだけ多く設けました。

(ボランティア自身の使い勝手に合わせハンドブックを使用できるよう配慮)

B   更新可能なハンドブック

QRコードの採用やインターネット上への外国人支援情報の保管を通じて、紙媒体での情報劣化を補完する更新可能なハンドブックを作成しました。

   興味のある方には、頒布いたしますので事務局までご連絡ください。



 
船橋市国際交流協会   船橋市湊町2丁目10番25号  TEL:047-436-2083  FAX:047-436-2089