協会宛メール .

最新情報    お知らせ    交流ひろば    YOKOSO to Funabashi    掲示板    日本語教室    姉妹・友好都市    国際交流協会    リンク

 
災害時の避難所宿泊訓練(2017)を実施しました。
災害時に何が必要か?避難所の一つ 御滝中学校の体育館に泊まって学びました。
97名の参加をいただき、有意義な訓練が出来ました。

参加の皆さん ご苦労様でした。
170829
 災害時外国人支援サポーター養成講座の受講者を募集しています。
災害時にも 外国人を支援するために 何かをしたいと 前向きな考えを持っている方に、今年も
サポーター養成講座を開催します。支援活動の経験者を講師に迎えて、講義と体験をセットにした
講座です。外国語が話せなくても、まったく問題はありません。


災害時外国人支援グループの活動を紹介しています。年間計画等もありますのでご覧になって下さい。
下記をクリックして 見て下さい。

 http://book.geocities.jp/funabashi_fira2012/bousai/04_yotei.html
 170630
船橋市国際交流協会の 災害時外国人支援グループの活動について
     PRパンフレットが出来ました。
船橋市国際交流協会(FIRA)では、地震などの災害時に言葉や文化の違いから災害弱者にならないような活動を
目指しています。
活動の内容をお知らせするパンフレットを作成しました。日本語・英語・中国語・韓国語で書いてあります。

 160718
船橋市の”防災ハンドブック” を読んで、災害に備えましょう。
船橋市では、災害に備えて 防災ハンドブックを発行しています。
大きな災害に備えて、準備 するための参考にして下さい。
 
災害時外国人支援ハンドブックの作成
船橋市国際交流協会では、災害時に言葉が通じないことで災害弱者になりうる可能性がある外国人を支援するボランティアを養成するため、船橋市と共催で平成19年度より「災害時外国人サポーター養成講座」を実施しています。

    詳しくは上の銀色のタイトルをクリックして下さい。


毎年 "災害時 外国人サポーター 養成講座”を開催しております。

船橋市(ふなばしし)国際(こくさい)交流(こうりゅう)協会(きょうかい)では、災害(さいがい)()言葉(ことば)(つう)じないことで災害(さいがい)弱者(じゃくしゃ)になり()可能性(かのうせい)がある外国人(がいこくじん)支援(しえん)するボランティア(ぼらんてぃあ)以下(いか)サポーター(さぽーたー))を養成(ようせい)るため、船橋市(ふなばしし)共催(きょうさい)で「災害(さいがい)()外国人(がいこくじん)サポーター(さぽーたー)養成(ようせい)講座(せいこうざ)」を開催(かいさい)しています。

・災害時外国人サポーターって?

・どうしたらサポーターになれるの?

・どうやってサポーターに登録するの?

・どんな活動をするの?

・活動中の保障は?

    

詳しくは 上の  銀色枠のタイトルをクリックして下さい。

 
船橋市国際交流協会   船橋市湊町2丁目10番25号  TEL:047-436-2083  FAX:047-436-2089